北区くらしとしごと相談センター(北区委託事業)TEL:03-6454-3104(直通) /FAX:03-5948-6041

生活困窮者自立支援法に基づき、平成27年3月に開設された相談窓口です(北区から委託)。「収入が減ってこれからの生活が不安」「就職活動をしているが思い通りに行かない」「引きこもりの子どもを抱えて将来が心配」といった、みなさんのお悩みや「こんなはずじゃなかったのに…」という思いをうかがい、自立した生活を送るお手伝いをしています。
これまでなかなか思うようにいかなかったことなどを、もう一度考えなおしてみる場所として気軽に”そうだん”出来て安心して落ち着ける場所でありたいと思っています。

ご利用いただける方ご相談ください

北区在住で、生活のこと、仕事のこと、経済的なことなどにお困りの方。ご家族、ご近所の方、関係機関・支援団体などの方からのご相談もお受けしています。

利用料金

料金はかかりません。

開所時間

平日8:3017:15(土日祝祭日除く)

※お待たせすることなく、落ち着いた状況でお話を伺うため、予約制にしています。ご来所の際は事前にお電話ください。

事業内容

自立に向けた生活相談

「なかなか仕事が見つからない」「収入が不安定で家計がまわらない」「家族が病気になってしまった。これからの生活が心配」など、生活でお困りの方に対し、相談者ご本人様のお話を伺い、必要に応じて適切な関係機関と連携しながら、自立に向けた解決策を一緒に考えます。
(ご相談の例)
国民健康保険料・国民年金保険料・住民税の滞納、障がいを抱え今後の生活が心配、身体を壊して働けなくなった、食べるものがない、家賃が支払えず退去を求められている、ひきこもり、ニート、家族関係、ひとり親、依存症、DV、虐待、近所に気にかかる人がいる、行き場がない、その他さまざまなご相談をお受けしています。

仕事に就くための相談

専門のキャリアカウンセラーが仕事に就くまでのお手伝いをします。また、仕事探しのプロが、相談者の状況に合わせた求人情報の開拓・仕事の紹介を行います。必要に応じて、仕事に就くためのスキルアップのお手伝いもします。
※就労相談は株式会社パソナが北区から受託しています

家計の見直しに関する相談

日常生活の家計収支のバランスを整えるお手伝いをします。

住居確保給付金

離職2年以内の65歳未満の北区在住の方で、住まいを喪失する又は、喪失のおそれのある方に、就労の支援とともに原則3ヶ月間の家賃助成をします。(支給要件があります)

≫ 詳しい事業内容は「北区くらしとしごと相談センター」パンフレットをご覧ください 

お問い合わせ先

03-6454-3104(直通) 平日8:30~17:15アイちゃんどうぞ
kurashi@kitashakyo.or.jp / FAX 03-5948-6041

※お待たせすることなく、落ち着いた状況でお話を伺うため、予約制にしています。ご来所の際は事前にお電話ください。