平成29年度 予算・事業計画

29年度予算はこちらです

平成29年度事業計画・予算書 (別ウィンドウでPDFファイルが開きます。)

<基本方針> 地域共生社会の実現に貢献する北社協をめざして

 国が社会福祉法人制度改革とともに進める、地域共生社会の実現に向けた 「我が事・丸ごと」の地域づくりの考え方は、これまで社会福祉協議会が取り 組んできた住民相互のささえあい・たすけあいによる、「福祉のまちづくり」 そのものである。

 地域共生社会の実現に向けて、社会福祉協議会の本来の役割である地域福祉 の推進に大きな期待が寄せられる中、北区社会福祉協議会(以下、北社協とい う。)は、「第 3 次地域福祉活動計画」4年目を迎えるにあたり、「誰もが安 心して暮らせるまちづくり」の基本理念と4つの基本目標を着実に推し進める とともに、コミュニティソーシャルワークのさらなる実践や社会的孤立へのア プローチ、さらには自主財源の確保に向けた積極的な取り組みを行う。

 また、平成28年度より取り組みを始めた、子どもの貧困・孤立対策では、 今年度も北区の子どもたちを地域のおとなで守り育てていくためのネットワ ークづくりに積極的に取り組み、経済的貧困のみならず、関係性の貧困等、様々 な意味で困難を抱える子どもの健やかな成長を支援する。

 さらに、区が取り組む生活支援体制整備事業における第一層の生活支援コー ディネーターの役割を、平成29年度より担うことで、これまで培った住民相 互のささえあい活動への支援をますます強化し、様々なささえあいの仕組みを、 地域の多様な課題を解決する力へと結びつけていく。

 こうした取り組みとあわせ、北社協は社会福祉法人として経営組織のガバナ ンスの強化に取り組み、また、区内社会福祉法人や事業所の地域連携による地 域公益活動の牽引役として、その責任を果たしていく。

 そして、地域住民や関係機関・団体とのより一層の連携と、行政とのパート ナーシップのもと、地域福祉の推進に努めるものとする。