北社協で申請受付をしている新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症の影響による

減収・離職等でお困りの方へ

北区社会福祉協議会は、新型コロナウイルス感染症の影響で生活にお困りの方向けに、
貸付と家賃一部給付の2つの施策の申請窓口となっています。
 
◆ご注意ください! 
新型コロナウイルス感染症の影響に伴う「特例貸付」及び「住居確保給付金」の申請について、申請書類の印刷、郵送等を有料でサポートするとうたったWEBサイト等があります。申請書類の不足等のトラブルが起きています。必ず当会のホームページで内容をご確認をいただき、ご申請されることをおすすめいたします。
 
◆窓口開設時間 
8時30分~17時15分(月~金)
※ただし、12時~13時を除く。
※土・日・祝日はお休みです。
  
◆窓口での申請をご予約されたみなさまへ 
ご予約時間の5分前にご来所ください。
5分前よりも早くご来所いただいても、お待ちいただく場所がありません。
三密状態を避けるためにも、ご協力をお願いします。
また、ご予約時間に遅れると、次の順番の方にご迷惑をかけることになります。
時間厳守にご協力をお願いします。
 
 1.緊急小口資金・総合支援資金(生活費のお貸付け制度)
 ※郵送申請を原則とさせていただいております。
 
◆【重要】下記スケジュールでお申込みを受付します。
  緊 急 小 口 資 金
北社協受付〆切
総 合 支 援 資 金
北社協受付〆切
緊急小口資金と総合支援資金を併用して借入希望の方 令和3年2月24日(水)必着 令和3年3月31日(水)必着
緊急小口資金のみ借入希望の方 令和3年3月31日(水)必着 ―――――――
総合支援資金のみ借入希望の方 ――――――― 令和3年3月31日(水)必着
※上記の受付〆切を過ぎた場合は、受付することができません。
 期日に余裕をもってご申請ください。
※緊急小口資金と総合支援資金の貸付金は同じ月に交付することはできません。
 緊急小口資金を令和3年2月25日以降に申請された方は、総合支援資金のお申込みは
 できません。
  
◆年末年始休業のお知らせについて

 北社協は令和2年12月29日(火)~令和3年1月3日(日)は年末年始休業となります。
 年末年始にかけて年賀状等で郵便物取扱量が増加すると見込まれます。
 郵便事故を防ぐために、1月4日以降の申請をお願いいたします。
  
(1)緊急小口資金(特例貸付)(東京都社会福祉協議会より受託)
緊急一時的に生活費をお貸付けする制度です。
 

「緊急小口資金(特例貸付)」説明書はこちら)

 
(2)総合支援資金(特例貸付)(東京都社会福祉協議会より受託)
緊急小口資金の貸し付けを受けられてもなお、生活の維持が困難な方への貸付制度です。
 
  
(3)総合支援資金(延長貸付)(東京都社会福祉協議会より受託)

 北区社会福祉協議会で総合支援資金の申請をした方で、延長貸付の対象となる要件を満たす方に対し、東京都社会福祉協議会より個別に貸付コード等が記載された案内が通知されます。
 総合支援資金特例貸付を利用し、なおも生活困窮の状況が続く方は、原則3か月まで貸付期間を延長できる場合があります。延長貸付は1世帯1回限りとなります。
 延長貸付の詳細や申請様式については、東京都社会福祉協議会のホームページをご参照ください。

 
◆申請窓口:北区社会福祉協議会(福祉資金担当) 
☎03-3907-9494
 
 
2.住居確保給付金(住居費の支給制度※上限額あり)
(1)住居確保給付金(北区より受付窓口を受託)
離職、減収等によって住居を喪失またはそのおそれのある方の家賃の一部を、北区が賃貸住宅の貸主または管理会社等の不動産媒介事業者等へ代理納付する形で支給する制度です。 
 
 
◆申請窓口:北区社会福祉協議会(くらしとしごと相談センター)
☎03-6454-3104
 
 
3. その他
  • 5月1日(金)から緊急小口資金(特例貸付)の郵送申請を開始しました。
  • 5月15日(金)から総合支援資金(特例貸付)の郵送申請を開始しました。
  • 7月22日(水)住居確保給付金の郵送申請を開始しました。
  • 制度はこれまで頻繁に変更されており、今後も変更の可能性があります。
  • 変更は随時お知らせいたしますので、皆様もご確認ください。